キャッシングやカードローンの基礎知識とメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシングやカードローンの基礎知識とメリット・デメリットについて、説明します。

まず、キャッシングやカードローンは、いずれも、個人を対象とする少額の融資サービスを指し、担保や保証人が不要で迅速にお金を借りられる、と言う特徴があります。また、住宅ローンなどと違って、借りたお金の使い道は自由です。

すなわち、どの様なことにお金を使っても問題ありません。なお、キャッシングなどでは、利息は、借りている日数によって計算されるので、返済までの日数に応じて、支払うべき利息は変化します。

また、近年では、殆どのキャッシングやカードローンは、インターネット上で申込みができる様になったので、誰でも気軽に利用できる様になりました。すなわち、今や、スマートフォンやパソコンを使って、いつでもどこでも手軽に利用できます。

さらに、インターネット申込みの方が窓口申込みよりも有利な融資条件で利用できる場合もあるので、こう言った点も忘れずにチェックしましょう。ちなみに、現在、キャッシングなどの利用経験の割合は、成人の半数以上に及んでいるようです。

このように、キャッシングやカードローンは大変身近なものになっています。参考までに、キャッシング等で借りたお金の使い道は、女性の場合には衣服費・生活費、男性の場合には交際費等が多いようです。

では次に、キャッシングやカードローンのメリット・デメリットを説明します。まず、主なメリットを挙げると、2つあります。1つ目は、短期の借入れなら大変便利なことです。

なぜなら、少額を短期間だけ借りる様な場合、利息が殆どかからないからです。例えば、4日後の給料日までの生活費に相当するお金を借りたとしても、4日後には確実に返済可能なので、利息の掛かる期間は4日間だけで、その金額は僅かなものです。

2つ目は、迅速にお金を借りられることです。殆どの場合、借入れのための審査は短時間で終わるので、迅速にお金を借りられます。従って、急にお金が必要になった場合でも直ちに利用できます。一方、主なデメリットを挙げると、2つあります。

1つ目は、金利が高いことです。少額の借入れが前提で無担保であることから、住宅ローンなどと比較すると、金利は高めに設定されています。従って、長期間の借入れで利用した場合には、利息分だけでかなりの高額になってしまう可能性があります。

2つ目は、借り過ぎてしまうリスクがあることです。なぜなら、借入れが簡単に出来てしまうことが借り過ぎをしてしまう危険も孕んでいるからです。

気軽に繰り返し利用するうちに、返せないほど借り過ぎてしまった、などの事にならない様、十分注意しながら利用することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>